動画・グラフィックなどヴィジュアル制作のご依頼

欲しいのは映像?それとも動画?

いい方が違うだけ。確かにそうかも知れません。

しかし、映像 = 感情に訴える・動画 = 情報を伝えると考えてみると

作るべきものが見えてきませんか。

私たちは、多くの展示会や空間演出に使用する映像・動画を手掛けています。

そこで大事にしてきたのは「いつ」「どういう状況で」「どのようなデバイスで」そのコンテンツに接触するか。
どんないいものをつくっても、その人の置かれた環境や気持ち次第を考慮しなくては何も伝わりません。
それはWEB動画やPRビデオも同じこと。 それを考えて初めて感情に訴えるのか、情報を伝えるのか、どの様に表現するかが見えてきます。

誰に伝えるか。そこから一緒に考えましょう。

OUR SKILL

伝わる映像をつくります!・・・何を伝えるの?

インパクトがある。かっこいい。たしかに大事です。
しかし、そこに込めるメッセージそのものに力がないとルックスがいいだけの薄っぺらいものになってしまいます。
コピーライティングのように、その本質をとらえターゲット訴求できるように作らなくては目的を果たせません。

私たちの仕事は作るだけではありません。
情報を整理し、メッセージを絞り込む。そこからお手伝いします。

OUR MISSION

あなたの参謀役にしてください。

どんなプロジェクトにも必ず承認基準があります。多くの場合複数人で段階を踏むことでしょう。ご担当者さまの立場や案件の質によっても変わってきます。
私たちは、ご担当者さまの立場・プロジェクトの性質を考え、そのとき制作手順やスケジュールをご提案します。

SCHEDULE AND COST

同じものでもコストとスケジュールは変わります。

私たちの費用は制作だけではありません。

それに至るまでの情報整理や、打合せ時間、修正回数など納品物だけではわからない費用がたくさんあります。 つまり、単純な制作費以外をコントロールすることでも費用は落とせます。 クリエイションに関しても、完全なオリジナルにするか、素材集100種から選ぶか10種から選ぶか、高画質のカメラか、自分たちで携帯で撮影するか・・・など工夫次第でコストは変わってきます。

どこをこだわるべきか一緒に考えさせてください。

参考予算

モーショングラフィックスやシンプルなもの  参考費用: 〜50万円
場面転換があるもの  参考費用: 50〜200万円
ナレーションや撮影があるもの  参考費用: 150〜300万円
リッチな3DCGやVR、撮影にこだわるもの  参考費用: 300万円〜

MESSAGE

営業担当はいません。

お問合せも交渉も、デザイナーが担当します。
だから、具体的な予算・スケジュールで実現できるように、制作手順や手法・表現も一緒にご提案します。

プロジェクト全体を考える。それが私たちデザイナーの仕事です。